住宅ローン、どこで借りる?何が決め手?

住宅ローンを借りるには

不動産を購入しようという場合に自己資金だけですべて賄えるという方はそれほど多くはありません。そのため、たいていは住宅ローンを組むことになりますが、どこから借りるかが重要な問題となります。一般的には銀行から借りるケースが多いですが、ひとくちに銀行と言っても、メガバンク、地方銀行に加え、信託銀行や信金中金、最近ではネットバンクまで多彩な選択肢がありますので、それらの中から一つに絞るのは思ったほど簡単ではありません。何も考えずに口座を持っている銀行でいいかなと考えて申し込んでしまうと、必要以上の負担を抱え込むこととなりかねませんので、銀行選びは慎重に行うようにしましょう。具体的には銀行ごとに異なる金利とサービスを見て考えることがポイントです。

銀行の選び方をどうするか

住宅ローンを提供している銀行は、それぞれ様々な金利プランを用意していますが、同じプランであっても金利の水準は一律ではありません。そのため、なるべく多くの銀行の金利水準を比較して低いところに申し込むことで将来の金利負担を軽減することができます。一般的にはオンラインバンクの金利が低く設定されている傾向にありますが、その他の銀行でもキャンペーンや不動産業者との提携ローンなどで低金利で借り入れが可能なところもありますので、事前の情報収集は不可欠です。次にサービスですが、できれば近くに支店がある銀行であれば何かあった時に相談しやすいため安心です。また、最近では住宅ローンとセットで三大疾病保障のような付随サービスを提供しているところもありますので、健康に不安があるのであればそういったものを利用できる銀行を選ぶのもよいでしょう。

© Copyright Utilize Mortgage Deduction. All Rights Reserved.