住宅ローンを繰り上げ返済すると、どれだけお得?

早めの繰り上げ返済で返済額が大きく減ります

多くの方はマイホームを建てる際に、住宅ローンを組むことになります。住宅ローンは、数千万円というかなり高額なローンを長い方で35年かけて返済することになります。長期返済型のローンでは、金利が固定なので景気の動向によって金利が上下することはないのが魅力で、金利としては3%程かかることが多いです。この金利の3%、実は、ローンの額が多ければ多い程、かなりの金額になります。例えば、3000万円ローンした場合ですと、金利だけで年間90万円かかります。月に10万円ずつローン返済していた場合ですと返済額のほとんどが金利の返済になってしまい、ローンの元本がなかなか減らないです。そこで、早めに繰り上げ返済をすることでこの金利で支払う分を減らすことができます。今回の場合、500万円を繰り上げ返済すれば、17%程金利の返済額を抑える事ができます。

繰り上げ返済は無理しないことが大事

繰り上げ返済は、金利を含めた住宅ローンの返済額を抑える有効な手段なんですが、無理しないことも大事です。例えば、当面の貯金を切り崩して、無理して繰り上げ返済をした場合、順調に生活が進んでいる時はいいですが、例えば、急に家族が病気になったりといったアクシデントに見舞われた時に、対応できなくなってしまいます。その為、余裕を少し持って生活設計を建てることが重要です。将来の生活というのは、誰にも予想つかないです。将来病気になる確率もありますし、仕事が転勤になって給料が減る可能性もあります。すべてが順風満帆な人生という人生計画ではなく、こういったアクシデントもある程度想定して人生計画をたてて繰り上げ返済することをおすすめします。

© Copyright Utilize Mortgage Deduction. All Rights Reserved.