変動金利と固定金利の違いって?

ローンを組む際に知っておきたいこと

住宅ローンをはじめとするローンを組む際に必ず必要となるのが金利プランをどうするかというものです。金利のタイプには主に2つあり、一つが変動金利、もう一つが固定金利となっています。このうち、変動金利は文字通り状況に応じて金利が上下するものですが、長期金利の水準が大きく変わらなければ長期間にわたって動かない可能性もあります。一方で、固定金利は決められた期間の金利をあらかじめ確定させておくもので、金利動向によって変動しない点が魅力であると言えるでしょう。わずか数パーセントとはいえ長期間のローンになると複利効果で大きな金額負担となることからローンを組む際は金利の仕組みをしっかりと理解しておくことが重要です。

固定金利と変動金利のメリットとデメリット

変動金利の最大のメリットは将来的に変動するリスクがある分、ローンを組む時点の金利を低く抑えることができるという点です。そのため、長期的に金利が上がらなければ結果的に固定金利に比べて金利負担が少なくて済むことになります。一方で、将来金利が上がった場合には逆の結果となり、最終的にどの程度の金利負担か確定できないというのがデメリットと言えるでしょう。固定金利については、固定期間中の金利を確定できるため想定外の支出が発生するリスクを抑えることができるという点が大きなメリットですが、その反面、変動金利よりも契約時点の金利が高く設定されているというのがデメリットです。そのため、どの程度まで金利リスクを許容できるかに応じて、固定か変動かを決めるというスタンスが重要です。

© Copyright Utilize Mortgage Deduction. All Rights Reserved.