住宅ローンを組む前にすること、組んでからすること

審査に通るための体制を整える

子どもが小学生に上がるときに住宅を購入したいと思う人が多いようです。それなら転校をしなくて済みます。だからといって急に買う住宅が決まるわけではありません。物件選びの他に住宅ローン選びもあります。住宅ローンも必ずしも希望の金融機関で利用できるとは限りません。事前に行いたい準備として、住宅ローンの審査に通るための体制を整えておきましょう。通常のローン商品に比べると審査が厳しく、単に仕事をして収入があるだけでは通らないときもあります。無駄なクレジットカードは解約し、ローン商品も返済しておきます。団信による健康診査がありますから、健康状態が良くないと利用できません。お酒やたばこなどを控えて健康に注意した方がいいかもしれません。

家計の管理をこれまでより厳しくする

生活をするにはお金が必要です。働いていれば給料が得られ、それを元に生活費に使うでしょう。食費や水道光熱費、その他余暇などに使うかもしれません。家庭によっては毎月残高がなくなるよう使い切るところもあるようです。住宅ローンを組むと、給料の大半がローンの返済に充てられるようになります。賃貸などに住んでいれば賃料がローンに変わるだけのように感じますが、ローンは支払えなくなると大変になります。万が一に備えて一定の貯蓄もしておかないといけないでしょう。家計の管理を見直し、食費や水道光熱費、その他の出費に無駄がないようにしないといけません。家計簿などをつけると無駄な出費が見つけやすくなります。家族で協力して支出を減らすようにすると良いでしょう。

© Copyright Utilize Mortgage Deduction. All Rights Reserved.