住宅ローンを組むと税金が安くなるって本当?

優遇装置を上手に使おう

住宅を購入するときには、所得税の減税や贈与税の軽減などさまざまな税制上の優遇が受けられるので上手に活用していくことが大事です。住宅ローン控除、正式には住宅借入等特別控除といいますが、これを受けるには要件があるので、購入する前に家屋の床面積50平方メートル以上であることやその2分の1以上が専ら自己の居住用であること、中古の場合は築年数が20年以内かなどを確認して要件にあてはまる物件を選ぶのもポイントです。主な要件は取得後、半年以内に入居して、申請時に引き続き入居していることや、控除を受ける年の所得が3000万円以下であること等です。加えて、住宅ローンの返済期間が10年以上で分割して返済する必要もあります。

実際にはどれくらい安くなるのか

住宅ローンの控除額は払った所得と住民税の合計額が上限になります。一定の年収以下の人にはすまい給付金も支給されます。住宅ローンの控除を受けるには確定申告が必要ですが、サラリーマンの場合は2年目以降は年末調整で自動的に控除される仕組みです。また、住宅を購入した時ばかりでなく新築、増改築でも利用できます。ただし、控除額や条件というのは毎年更新されますので、関係機関のホームページを確認することが重要です。基本的には、年末の住宅ローンの残高に1パーセントを乗じたものが控除額となり、10年間で最高400万円税金が安くなる計算になります。長期優良住宅の場合は上限額が異なるので、最高で10年間で500万円税金が安くなります。

© Copyright Utilize Mortgage Deduction. All Rights Reserved.